BLOG

ブログ

お知らせ・スタッフブログ

私のもう1つの「身分」!それは・・・

栗田 智弘

栗田 智弘

スタッフブログ

 どうも、どうも、こんにちは!

「平成」最後のブログ担当になりました、教習指導員の栗田です。

 

いよいよ始まりますね「令和」。

皆さんにとって「平成」はどうでしたか?

いい時代でしたか?私は苦難の時代でした(泣)

 

さて、タイトルにあります「もう1つの身分」ですが、

それは「非常勤特別職国家公務員」と言う身分です。

「何だ?」と思われる方が多いと思います。

カッコ良く言えばReserve Self‐Defense Officialで、平たく言えば「予備自衛官」です。 

今年で37年目(即応予備自9年)階級は2等陸曹。(自衛官としては2任期4年勤めました)

 

予備自衛官について簡単に説明させてもらいます。

自衛隊が予備要員として任用している非常勤の自衛官のことです。へぇ~

普段は社会人、学生としてそれぞれの本業を持ちながら、

有事の際には、防衛召集や災害召集され自衛官として任務に就きます。

(年間5日間のきびしい?訓練を受けます)

今では元自衛官でなくても、予備自衛官になれる制度がありますヨ!

 

*2003年即応予備自衛官時代の写真です。

戦闘訓練(敵に照準を合わせる)

 

偽装とドーランで敵に気づかれないように(ドーランは部隊識別含む)

 

陣地移動時の車内にて(トヨタのメガクルーザーです)

 

射撃大会優勝!

 

皆さんは「自衛隊」についてどんなイメージを持っていますか?と言われても…

「・・・」「・・・」はい、はいそうですね、その通りです!

普段見掛ける事がないですからね。

目にするとすれば、ニュース等で、被災地において地域の人たちを助け、

復興に力を貸す自衛官の姿だと思います。カッコイイ?

 

自分も現職の時は、昭和56年に福井県で起きた通称「56(ゴーロク)豪雪」に災害派遣され、

毎日雪かきをしました。(この時から雪が大嫌いになりました)   古い話ですみません…

 

(災害派遣に使用する器材です)

 

皆さんの記憶にあるとすれば、平成23年3月11日に起きた「東日本大震災」だと思います。

(自分は招集される予定で準備をしていましたが、招集までいきませんでした。)

 

 

昭和・平成は「戦争」、「大災害」と大変な時代でした。

「令和」は良い時代になりますかね?どうでしょう、皆さん!

 

以上、栗田2曹がお伝えしました。

 

P.S.

自衛官は19歳でいきなり大型自動車免許を取得することが可能になるんですヨ!

自衛隊には教習所があるんです!

教習費はもちろん0円!(教本、学科試験代は自費)

自分も19歳の時に自衛隊で取得しました。すみません。