BLOG

ブログ

お知らせ・スタッフブログ

トヨタ自動車の工場見学!

村井 吾澄

村井 吾澄

スタッフブログ


こんにちは(^-^)/
最近なぜか工場見学にハマっている事務員の村井です

先日は トヨタ自動車 の工場見学に行ってきました
ネットで予約して、当日朝集合場所のトヨタ本社そばの
トヨタ会館に到着。
会館に入った途端、こんな車たちがお出迎え
なんだかテンションが上がります・・・


ドッグカーという名のモコモコ シエンタ

ド派手な アクア

水素で作った電気で走る MIRAI などなど




工場見学は、当日の朝、元町・高岡・堤工場の3つから、
その日の稼働状況などを見て決定されます
私たちの行った日は「元町工場」でした

トヨタ自動車のバスに乗り、15分ほどで到着
バスの車内では添乗員のお姉さんが、工場によって
作られている車が決まっていて、元町工場では
クラウン・マークX・LCといった、いわゆる
高級車が作られていることなどを解説してくれました

特に西自の教習車でもあるクラウンは、初代から
現在の15代目まですべてこの元町工場で作られている
そうです。


しかし!残念なことに、工場内は携帯電話、カメラでの
撮影がすべて禁止!なので、写真がありません(>_<)…が、
ざっくり見学内容を説明すると

溶接工場では、かろうじて車の形をした銀色の「車」の
原型に、5~6台の大きなロボットアーム達が、よって
たかって火花を散らしながらあっという間に
溶接していきます。
その様子はもう圧巻で、一日中見ていても飽きないので
はないかと思うくらいでした!!!
(写真がないのが本当に残念・・・代わりに
トヨタ会館に展示してあったロボットアーム
の写真を載せます)


組み立て工場では、高級車が次々にレーンに乗って
流れてきます。
でも、あれ?なぜか同じ色ばかり・・・
工場では注文があってから車が作られているそうなの
ですが、元町工場で作られている車はやはり圧倒的
に黒か白ばかりなのだそうです。

一日に9台しか作られない LC(1000万円超えの車
)が、たまたまタイミング良くレーンに流れてきた時は
軽く興奮!
添乗員さんでもなかなかお目にかかれないレア、だそうで、
ちょっとラッキーな気分
\(^-^)/\(^-^)/
(何度も繰り返しますが、写真がないのが残念…)

最後に大人にはオリジナルボールペン、子どもにはプラモ
デルのお土産までいただけます。

ゲームなどを通じ、小さなお子さんから大人まで楽しめる、
トヨタ工場見学


新たに免許を取るみなさんも、これから長い
お付き合いとなる「自動車」を知る良い機会
にもなると思うので、ぜひ行ってみてはいかが
でしょうか?