BLOG

ブログ

お知らせ・スタッフブログ

天下の奇祭

スタッフブログ

みなさん寒い季節ですがいかがお過ごしでしょうか。

久しぶりにブログを担当します福田です。

先日の2月9日、私の第二の故郷になります西尾市鳥羽町で年に一度の「火祭り」が行われました。

それについて書きたいと思います。

天下の奇祭と呼ばれるこのお祭りは、境内に高さ5メートル、重さ2トンの巨大な松明「すずみ」が2基設置され、斎戒木浴で心身を清めた「神男」が、古式ゆかしく火打石でつけた火を点火します。

 

 

 

 

古い幟で作った衣装で身を包んだ奉仕者(通称ネコ)たちが、「すずみ」に掛けられたハシゴを駆け上がって激しく揺すると、火勢は次第に増し、闇夜を焦がす巨大な火柱となります。

「すずみ」の中心には「新木」と「十二縄」が納められており、どちらのすずみから早く取り出されるかによってその年の西の福地、東の乾地両地区の勝敗が決まります。

といった内容なんですが実際にみてもらったほうがその迫力等が伝わってくると思います。

 

 

 

 

 

 

今回ネコを担当した勇敢な方々です。

 

 

 

 

火祭りが行われる神明社では出店が並び、とても賑やかでたくさんの人が祭りを楽しんでいます。

 

 

 

どうでしょうか?変わったお祭りですよね!全国には他にも様々な内容の祭りがあると思います。

ぜひみなさんも西尾自動車学校で免許をとった後いろいろな祭りを楽しみにいきましょう。

(ちなみに次回火祭りが開催されるのは2021年2月中旬頃だそうです。もしかすると私もネコとして参加するかも・・・)